×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「フェロースキールツアー」スウェーデンスキー&オーロラ、オーレ&ドゥンドレットは盛りだくさんのツアーです。

     

名古屋空港からストックホルム・アーランダ空港まで
今回は日中のスキーばかりでなく、初体験の零下20度近い夜空に輝くオーロラ見物の準備紹介と、
スカンジナビア航空で人魚で有名なデンマーク・コペンハーゲン空港で乗り継ぎ、
ノーベル賞のスエーデン・ストックホルム・アーランダ空港へ。
ストックホルムのホテル・デイプロマの紹介からはじめます。

まずは成田からコペンハーゲンへ

moriy@シルバーはまず名古屋から成田空港へ国内便で移動
スウェーデンはユーロ加盟国でも
しかし、現地ではユーロ通貨よりスウェーデン・クローネ(Sek)の方が便利です。
また、日本で現地通貨に両替するよりスウェーデンへ着いてから空港などで両替した方が
早くて、簡単でレートも手数料も有利ですので現地での両替をお勧めします。

成田空港へ着いただけで旅行をした気分になります。

ANAとJALの違い
名古屋空港から成田空港を経由して出国するときJALの場合は名古屋空港で出国手続きをしますが、
ANAは成田空港で出国手続きとなるため、名古屋では国内便に乗ることになります。
そんな常識を今回まで、気づかず朝の時間のない名古屋空港で国際線乗り場へ到着し慌てました。
最初からアクシデントがあり今回のツアーは何か起こらないか心配なスタートとなりました。

オーバーウエイト
今回のツアー仲間8人と成田空港で合流し出国手続きをすることになりました。
年々、荷物検査やボディーチェックが厳しく搭乗手続きに時間が掛かるようになりました。
また、預ける荷物の制限重力もスキーヤーと言えども20kgと
厳しくスキー板は現地でレンタルすることにしました。

20kg以下なら

このタグを付けてくれます。

オーロラ見物と撮影の準備

     屋外はー20℃
1.低温に強い機械式カメラが有利です。
  自動式の場合は電池を新品にして出発したほうが
  間違いありません
2.デジタルカメラが、その場で画像を確認できるので
    確実です
3.シャッター時間はバルブが必要で、ブレを
    なくするためレリー ズも必要です。
4.現地で操作の必要ないようにカメラのダイアルなど
    はSETしテープで固定し、丈夫な三脚に載せて手袋
    で撮影できるようにします。

寒い夜の屋外
スキーウエヤーはかなり防寒性が完全ですが、腰より下ま
であるオーバーウエヤーが
あると暖かいと思います。

詳しくはskSwed12を

足元
上のブーツは−10℃までですが結構持ちこた
えました。
クローブ
ミトン式のほうが寒さに耐えられます。

簡易アイゼン付きスニカー
スニカーで踵に簡易アイゼンが付いた物があります。下の金物を後ろへ起こすと、
上のように爪がSetされます。

成田空港出国

オーバーウエイト分の料金
行き先によって違いますが、今回の北欧4ケ国へは6千円/kgとのことです。
3kgオーバーの場合は1万8千円となりますが、団体での搭乗手続きはトータルで計算されるので、
多少は緩和されるようです。

スカンジナビア航空  14-751
ANAと共同運航のスカンジナビア航空の機体はエアーバスA340−300です。

全席にTV
日本人乗務員も各機に2名搭乗されていますので、長旅には安心できます。

オーロラ見物は準備が体験
スウェーデンの北部 ドウンドレットは-20℃にもなる北極圏です。
スキーの準備も必要ですが、夜のオーロラ見物用の服装とオーロラ撮影用のカメラやしっかりした三脚台など
手荷物の重量制限もクリアーしないと!







北欧3ケ国、4ケ国、5ケ国?
スウェーデンは北欧の中心的な国ですが、北欧の入り口はデンマークの
コペンハーゲンです。

コペンハーゲンまでは11時間半

コペンハーゲン空港到着

 

コペンハーゲン空港
コペンハーゲン市街から約8kmと至近で、街の南に位置する
アマー島にあります。
1998年から国鉄も乗り入れおり、空港からコペンハーゲン
中央駅まで列車でわずか12分です。

1時間で乗り継ぎ
成田空港から約12時間のフライトの後ストックホルムまで1時間半の飛行が待っています。
デンマーク・コペンハーゲン空港もテロなどの警備が厳しく乗り継ぎに時間が掛かります。

デンマーク・コペンハーゲン空港からスウェーデン・アーランダ空港へ

コペンハーゲン空港からストックホルム/アーランダ空港へは
1時間半

ストックホルム・アーランダ空港到着

ストックホルム・アーランダ空港
ストックホルム市街へは約40kmです。

名古屋から21時間
第1目的地ストックホルムへ到着しホッとします。

とりあえず両替
スウェーデン到着が夜間であることと手数料など空港が有利との事なのですぐに両替

荷物を受け取ってバスでホテルへ

スウェーデンの第1歩
気温はー2〜3度?意外と暖かく感じました。

ストックホルム・ホテルデイプロマでの軽夜食

みえのアキさんとチチ    フェローのコータローさんも眠そう、
明日からお世話になります。

ホテル・ディプロマ紹介

☆ ☆ ☆ ☆
HTEL DIPLOMAT

フェローが契約したホテルは右の白い建物ホテル・デイプロマ
ニブロ湾に面したSTRANDVAGET通りにあります。

ホテル・ディプロマ

全館アール・ヌヴォー調
全館アール・ヌヴォー調
客室ごとに異なる装飾が施され一部屋ごとに個性があります。
室内デスクの上にはパソコンがすぐに使えるように各種設備が準備してあります。
古風なエレベーター

建物は1911年
全館アール・ヌヴォー調の装飾で統一された建物を1968年にホテルに改装され開業しました。

ホテル・デイプロマの宿泊料金
863sek=13,000円(宿泊料690sek=10,350円、付加価値税VAT25%172sek=2,650円)

朝食はバイキング式

ホテルの内部のご案内はこれまでとしストックホルムの街へ出ます。

改めてホテルを見るとなかなか古風

 ホテルの前のハーバー

こーたろーリーダーで市内見物へ行くぞ!

では、ストックホルム見物へご案内します。

スゥエーデン・ストックホルム紹介
スゥエーデン王室と王宮、衛兵交代式、ノーベル賞授賞式の行われる市庁舎とノーベル博物館、
ヴァーサ号博物館はじめ市内の美術館などとスゥエーデン通貨のクローナとオーレの紹介。

黒夜と白夜
スウェーデンの気候は湾に注ぐ暖流のため、温和ですが
北部の方では8月の真っ只中でも雪が降ったりすることがあるそうです。
特に北極圏では、冬を通じて太陽が昇る日はないが、夏には5月半ばから7月半ばまで、
いわゆる白夜で24時間絶え間なく太陽が光り輝く季節があります。 

羨ましくないスウェーデンの社会福祉制度
以前から福祉行政が行き渡り、刑務所さえもデラックスホテルのようで、
囚人には、年間1カ月の休暇が認められている国です。
このため離婚や私生児が多く、問題にされてきましたが、いまや日本も他人事ではなくなりました。

ダラルナの木馬
スウェーデン空港へ到着するとすぐにこの馬が目に付きます。
お土産屋さんでもレストランにもあります。
スウェーデンのシンボルで、木彫りの赤く彩色が施されています。
18世紀頃に子供の玩具として作ったのが起源だそうですが、
1939年(昭和14年)より、スウェーデンのシンボルとなりました。
国のシンボルになるほどの言われは分かりません

通貨単位
スウェーデン・クローナで、1オーレは、100分の1クローナです。

50クローナ(FEMTIO KRONOR)約750円

紙幣はこの他1,000、500、100、50、20クローナがあります

硬貨は50オーレ、1Kr、5kr、10kr、10krと画像にはない 
20kr の5種類がります。

国旗

 他のスカンジナビアの国と同様、スウェーデンの国旗もキリスト教国のシンボルとして十字架を表し青地に黄色の十字です。

 スウェーデンの公式シンボルは、三つの山のある王冠です。
 これは、この国が、かってゴテール・スヴェアール・ヴェンデルと言う三つの王国から構成されていた名残です。

王室
 現在の王、カール・ゴスタグ16世には妻のシルビア妃とヴィクトリア王女、カール・フィッリプ皇子とマドレーヌ王女です。

ヨーロッパ最大の鉄鋼生産国
北部のラップランドのキルナ市郊外に広がる広大な鉱床のおかげで、
国家収入の多くを支えています。
戦前では特にスウェーデン鋼が有名で、戦後は車のボルボ、サーブ、
航空機のサーブ、通信機器のノキアなど我々には馴染みがあります。

文化
特に映画ではイングリッド・バークマン、アニータ・エクバーグ、
グレタ・ガルボは我々に馴染みが深い名前です。

切手
日本までは10クローネ(150円)でOK

ストックホルム
スエーデンの首都ストックホルムには、国会と政府の本拠があるほか、王室の住居もあります。
市は14の小島と24,000もの群島にまたがっており、市の面積の3分の1は水面で「北のベニス」と言われています。

スエーデンの洲名

ストックホルムの市街展望

現地で購入の日本語ガイドブックより

ヨーロッパで最も劇場の多い町です。
市内には70もの劇場があり、博物館も60あります。

  長期滞在ならお得なカード


ストックホルム・アラカルテ・カード

ストックホルム・アラカルテ・カード

285ドルの価値!(約3万円)

ストックホルム・アラカルテ・カードは全てのホテル・パックにセットされていて 
− 無料で宿泊の子供のカードも含まれていますので安心です。 
下のリンクをクリックして博物館、見どころ、アトラクションの
さらに詳しい情報が確認出来ます。 
カードは滞在期間中を通して利用できます。 
予約一泊につき24時間有効で、初回の使用時に日時がスタンプされます。
 カードはホテルチェックイン時に客室の鍵を受け取る際に渡してくれます、
また各国語ガイドブックも渡してくれます。

ストックホルム・アラカルテ・カードで利用できる博物館、見どころ、およびアトラクション。

ストックホルム・アラカルテ・カードはそれだけでも285ドルの価値があります。 
カードに含ま

ストックホルム市内および郡内のSLバス、地下鉄、トラム、および郊外電車
  • 7号線乗り放題 - ユールゴーデン博物館行きのトラム。
  • 1時間の観光ツアー無料:ユールゴーデン島観光船ツアー
  • 1時間の観光ツアー無料: クングスホルメン島観光船ツアー
  • 往復料金無料: 蒸気船でドロットニングホルム宮殿
  • マリエフレードのグリップスホルム城まで蒸気船で往復無料
  • 利用無料: カタリーナヒッセン のエレベーター
  • Casino Cosmopol Stockholmへの入場無料
  • 140頁のガイドブック無料配布、さらに
  • 55ヶ所の博物館、見どころ、アトラクションへの入場無料:
  • 55ヶ所の博物館、見どころ、アトラクションへの入場無料:
  • ストックホルムのアクエリア水博物館
  • ストックホルムの武器博物館
  • ストックホルムのBergius植物博物館
  • ストックホルムのEdvard Anderson の温室植物園 、場所はBergius植物博物館内
  • ストックホルムのCarl Eldhスタジオ・博物館
  • ストックホルムのダンス博物館
  • ストックホルムのドロットニングホルム宮殿博物館
  • ストックホルムのドロットニングホルム宮廷劇場
  • ストックホルムの中国の城博物館
  • ストックホルムの国立民族博物館
  • ストックホルムの蝶と鳥の館
  • ストックホルムのグリップスホルム城
  • ストックホルムのチボリ公園
  • ストックホルムのグスタフV世のパビリオン博物館
  • ストックホルムのグスタフベルグ陶磁器博物館
  • ストックホルムのホーウィル博物館
  • ストックホルムの歴史博物館
  • ストックホルムの王室の厩舎
  • ストックホルムのユニバッケン - アストリッド・リンドグレーンの世界
  • ストックホルムのKulturhuset 文化会館
  • ストックホルムの王立貨幣館
  • ストックホルムのおもちゃの博物館
  • ストックホルムのリリエヴァルク・アートギャラリー
  • ストックホルムの国際人形劇場博物館
  • ストックホルムの地中海アンティーク博物館
  • ストックホルムのミレスゴーデン彫刻庭園

    

  • ストックホルム現代美術館
  • ストックホルムの船の博物館
  • ストックホルムの音楽博物館
  • ストックホルムの国立美術館
  • ストックホルムのノーベル博物館
  • ストックホルムの北方民族博物館
  • ストックホルムの郵便博物館
  • ストックホルムのリッダーホルム教会博物館。
  • ストックホルムの貴族の館博物館
  • ストックホルムのローゼンダル宮殿博物館
  • ストックホルムのローセンバリ宮殿博物館
  • ストックホルムのK. A. Almgren のシルク織り博物館
  • ストックホルムのスカンセンの水族館**)
  • ストックホルムのスコ−クロステル城
  • ストックホルムのトラム博物館
  • ストックホルムの王宮と王室、国家の間、勲爵士団室
    - ストックホルムの王宮博物館
    - ストックホルムの王室宝物殿
    - ストックホルムの王室兵器庫
    - ストックホルムのグスタフ3世のアンティーク博物館
  • Storkyrkanはストックホルムの大聖堂です
  • ストックホルムのストリンドベリ博物館
  • ストックホルムの科学技術・通信博物館
  • ストックホルムのトゥルガンス離宮
  • ストックホルムのウルリクスダール離宮
  • ストックホルムのプリンス・エウシェン美術館
  • ストックホルムのワイン&蒸留酒の歴史博物館
短期滞在なら日本語ガイドブックでがんばろう!

スウェーデン(日本語版):110ker(1,600円)
ストックホルム(日本語版):100ker(1,500円)

さあ!ストックホルム見物に出かけるぞ!

国立美術館は撮影禁止でしたので画像はありません。

国立美術館
National Museums
入場料は
75ker(1,100円)

観光絵葉書より

 国立美術館には16世紀から20世紀における偉大な芸術作品が全て展示されています。
  レンブラント、ルーベンス、ブーシェ、ルノアール、ドガ、ゴーギャン、そしてスウェーデンを
代表するアンデース・ソーンやカール・ラーソンによる素晴らしい絵画や彫刻があります。
  このほかルネッサンスから今日に至る素描、版画、および工芸作品も収集されています。 
写真は1740年、フランソワ・ブーシェ作「ヴィーナスの誕生 The Birth of Venus"」です。

ストックホルム、スウェーデン: 国立美術館、ストックホルム

宿泊したホテル・ディプロマのならびにある劇場です。

国立劇場
Dramaten

国会議事堂
Parliament

リクスダグスフーセット
Riksdagshuset

政治の拠点
王宮の手前に位置するヘルエアンズホルメン(Hergeandsholmen)島
にある1905年完成のグレーの石造建物。

この建物は、19世紀の末に、旧市街とノッルマルム地区の間にある小島に建てられました。
現在では無料で無料で見学できます。(ただし日曜を除く夏季の毎日)
議事堂の入口

オペラ座
Opera House

KungligaOperan
クングリガ・オペラ

新バロック様式の造りは、
19世紀の建築家アンデルベルによるものです。

レストラン・ペラカッラレン
ストックホルム屈指の高級レストランは オペラ劇場横にリます。

外務省

Arvfurstens palats
アルヴフルステンス・パラトセット

1794年に完成したアルヴフルステンス・
パラトセット
は、かって皇太子の住居が
今は外務省になっています。

大ゴスタヴ・アドルフ2世王
(1796年、ピエール・ユベール・ラルシュヴェック作)

Medelhavsmus
裏には地中海博物館があります。

川の一部は氷が残っています

この前後の画像は同行の岡田功さんとフェロートラベルの
澤宏太郎さん提供のものです

リッダルホルムシルカン
(騎士島教会)

スウェーデン王室の人々の墓が多数アル古い教会です。

旧市街のVasterianggatan通り

観光客で一杯です。

ストルシルカン(カテドラル)
ストックホルムで最も古い教会で、1279年に遡る記録が
残ってるそうです。
また、「聖ゲオルグと龍」の木像群は、彫刻家」ベルトン・ノトゥケの
作品だそうです。
この「聖ゲオルグと龍」は市庁舎の塔にもあり、このストックホルムと
何かかかわりがあるものと
思われますが、謂れは分かりません。(ご存知の方、教えてください)

旧市街のヴェステルロングガータン(Vasterianggatan)通りにある子供服専門店です。
下の画像のスウェーデン国旗のあるお店です。

お土産店紹介
butik Kerstin adolphson

大きいのも小さいのも995ker(15,000円)

外付けポケットは別売で50Ker(750円)

全部で4着と別売ポケット
4個を買いました。

税関で消費税還付のタグ
合計3,980ker(約6万円)ですがポケット代198kerが抜けています
25%(792ker=1万2千円)は空港で戻ってくるので1万2千円/着となります。

免税手続きの仕方

TAX FREE

スウェーデンでは海外からの旅行者には200ker以上の買い物をした場合付加価値税(VAT)の払い戻しが受けられます。
1.  VATは25%ですが、店によってまちまちの計算ですが
手続きをお願いするのですら面倒なのに金額が違うと
クレームなどつける時間もありませんので、
そのまま「免税書類」を書いてもらうことなります。

2.買った品物はパッキングされ封印を(上の画像)されます。
3.  出国の際、免税書類とパスポートと買った品物を見せて
免税書類にスタンプを押してもらいます。
4. 現金などの払い戻し方法は各種ありますが、空港で出国
手続き後(パスポート審査後)窓口で現地通貨を貰い
免税店でお土産を買ったほうが得策のようです。

日本もやがて消費税が25%となる日も近いかも?

お土産(小銭入れ)
スウェーデンのシンボルが付いた小銭入れがありましたので
同じ通りの店で購入しました
税額は25% 96ker(1,400円)でした。

空港などに備えてある観光客用免税パンフレットを買い物時に携帯して、免税書類を作成してもらうとよいでしょう

出国時の現物チェック
ほとんどの観光客はお土産をスーツケースに入れ、搭乗手続きを済ませ荷物は
預けてしまうためるため、免税手続き時には手元に買い物がありません。
このため窓口では、そのことを説明すれば、そんなに厳しいチェックはないと
思います。
しかし、説明してもダメなら税金の払い戻しは諦めてください。

ストックホルムで一番狭い道

Marten Trotzigs Grdnd

木戸
道の入り口には木戸のようなものがあり公道とは思えないような道ですが、地元の人たちが絶えず行き交います。

スウェーデン料理の美味しい店
Resturant Marten Trotzigs Grdnd

オーイ開けてくれ!(キャノン・スズキ)
開店は11:30から

全員8人、キャノン・スズキさんは頭だけの挨拶

美味しい肉料理は159SEK(2,400円)

グラス・ビール50SEK(750円)

料理名も値段も?

食った、食った!また出かけるぞ11

音響がいいホコテン
ガムラ・スタンの目抜き通りは歩行者天国ヴェステルロングガータン(Vasterianggatan)
この通りは音響がいいとかで、大道音楽士といわれる若者たちが度胸試しの場となっています。

街角の音楽家

 

王宮
Kungliga Slottet

 

ストックホルムの王宮

現在、スウェーデン国王一家は郊外のドロットニングホルム宮殿に住んでいますが、国王と王妃は執務を行う際に、此処に通ってきます。
総部屋数が600室以上あるこの荘厳な建物は、イギリスのバッキンガム宮殿より大きいそうです。

ストックホルム、スウェーデン: ストックホルムの王宮、ストックホルム

 宮殿内にはストックホルムで
最も偉大で興味深い見どころが
あります - 王室、国家の間、
勲爵士団室、宝物殿、
王宮博物館、兵器庫、
そしてグスタフ3世のアンティーク
博物館。 

衛兵交替式は水曜日・土曜日の
12時15分、日曜日・祝日の
午後1時15分に行われます。

現在の王宮はTre Kronor(三つの王冠)と呼ばれた中世の城の基礎の上に建てられています。 
  Tre Kronorは13世紀中ごろに建立されましたが、1697年の火事で焼け落ちてしまいました。
  旧王宮の遺品は王宮博物館に保存されています。 
  その建築に1697年から1754年までの57年間が費やされました新王宮は、この期間のヨーロッパで最大の単一建築物です。
  バロック調からロココ調、そして写真の
支柱の間に見られるグスタフ様式の
ネオ・クラシック、さらに19世紀の折衷
スタイルに至るまで、数々の建築様式をまたがける王室は壮麗な趣を持ちます。

13世紀の城砦の跡
現在の建物は1760年に造られたオランダ・ルネッサンス様式の建築です。

王宮見学
開館期間
5〜8月:毎日10:00〜1600
9〜4月:火〜日曜12:00〜15:00
入場料:70sek(1,000円)

王宮、国家の間、王室、勲爵士団室、兵器庫、そして王宮博物館には
ストックホルム・アラカルテ・カードを使って無料で入館できます

王室兵器庫

 ストックホルムの王室兵器庫は王宮地下の貯蔵庫にあります。 
 ここには王宮パレードの御車、装甲、武器、そして1500年代以降のの戴冠式の礼服が展示されています。
 リュッツェンの戦い(1632)のグスタフ2世アドルフの馬や、1792年に
オペラ座で起きた運命的な仮面舞踏会でのグスタフ3世の衣装を見ることが出来ます。

王室宝物殿

 王宮の地下深く、ストックホルムの王室宝物殿にはスウェーデン国家のレガリアが展示されています。
  婚礼、洗礼、そしてお葬式に使われるスウェーデン君主の表象が見られます。
  はかり知れない価値を持つ古い品々にはグスタフ・ヴァーサの剣、エリーク14世の王冠、宝珠、笏、そして鍵、その他数え切れないほどの君主を象徴する品々があります。

王立貨幣館

 スウェーデン貨幣、俸給、そして価格の歴史。 
 世界最大の硬貨、美しいアンティークのコイン、さらにスウェーデンで起こった数多くの戦時中の非常時特別硬貨も展示されています。 
 ストックホルムの王立貨幣館は旧市街、王宮のすぐ右隣にあります。

ノーベル博物館

 ストックホルムのノーベル博物館には100周年を迎えたノーベル賞をイメージした品々、創造の文化が展示されています。
 展示品は偉大な発展を成し遂げた環境に重点が置かれています。  創造の頂点に立つ偉人がどのように支援されてきたのか、ノーベル賞の歴史を見ることが出来ます。

衛兵交替式
衛兵交替式は水曜日・土曜日の12時15分、日曜日・祝日の午後1時15分に行われます。

王宮
入場料70sek(1,000円)

地下鉄美術館

ストックホルムの地下鉄はモダンアートの宝庫で世界最大のギャラリーとも
言われています。
全100駅中66駅で、ホームはもちろん、通路やエスカレーターの壁、
天井などにユニークな壁画や彫刻が施されています。
地下鉄駅の目印は白地に青の「T」の表示があります。

ヴァーサ号博物館

17世紀の軍艦ヴァーサ号を展示しています。
スウェーデン海軍が誇る戦闘用帆船は1628年(寛永3年)に
処女航海に出てわずか1,300mの所で、
ストックホルム湾内で突風に見舞われ沈没してしまいました。
64門の大砲と彩色・金塗の彫刻数百点を積んでいました。

マストの高さは、50mで、100名ほどの乗組員が
乗船していました。
事故の原因は突風と言われていますが、
帆船が風で沈むとは考えられなくて原因は今でも不明です。

ヴァーサ号はほかの軍艦帆船をモデルに造られましたが、
それまでの船とは比べ物にならないほど大きく、高く、
積まれた大砲の数も多かったようです。
大砲は、すぐに回収されたほかはそのままにされました。

それから330年後の1961年(昭和36年)に引き上げられました。
全長68m、幅11.3m、高さ52mで、
特に金メッキの壮観な装飾が施された船尾は圧巻です。
水中に長く沈んでいたにもかかわらず、
保存状態がよかったのは
バルト海の塩分濃度が低かったためと言われています。
積荷や船員の衣服なども展示され8ケ国語での
ガイドが行われています。

次は毎年12月10日に行われるノーベル賞授与式が行われるストックホルム市庁舎の紹介です。

    

このHPはmoriy@シルバーが旅行した当時の記録です。
その後、現地の状況などが変わっています。
旅行の参考にしてくださる時は他の方法でも確認して、お出かけ下さい。